トピックス一覧

トピックス一覧

近藤博徳弁護士が共同執筆者となった、「二重国籍と日本」が…

近藤博徳弁護士が共同執筆者となった、「二重国籍と日本」が10月10日に筑摩書房から出版されました。

木山悠弁護士が代理人を務める医学部入試における…

木山悠弁護士が代理人を務める医学部入試における女性差別対策弁護団の連載記事を執筆しました。 詳細記事

上杉崇子弁護士が代理人を務める…

上杉崇子弁護士が代理人を務める「法律上同性のパートナーを有する東京都職員による性(性的指向及び性自認)のあり方によって区別されない休暇制度や福利厚生制度を求める措置要求」が今月29日東京都人事委員会に提出されました。 都 […]

上杉崇子弁護士が代理人を務める日弁連に対する…

上杉崇子弁護士が代理人を務める日弁連に対する同性婚人権救済申立事件で、日弁連が2019年7月18日付で「同性の当事者による婚姻に関する意見書」を取りまとめ、同月24日付で法務大臣、内閣総理大臣、衆議院議長及び参議院議長宛 […]

近藤博徳弁護士が共同執筆者となった…

近藤博徳弁護士が共同執筆者となった、「詳解 国際家事事件の裁判管轄」が6月月29日に日本加除出版㈱より刊行されました。

医学部不正入試に関する損害賠償請求事件で、第1回口頭弁論期日が実施されました

木山悠弁護士が参加している医学部入試における女性差別対策弁護団において、現在、36名の原告(いずれも同大学の元受験生の女性)が東京医科大学に対する損害賠償請求訴訟を提起しております。2019年6月7日(金)この裁判の第1 […]

近藤博徳弁護士の国籍法に関するコメントが…

近藤博徳弁護士の国籍法に関するコメントが、NEWSWEEK日本版のパトリック・ハーラン氏のコラム「大坂なおみ選手の二重国籍が認められた!」で紹介されました。 記事はこちらです

弁護士入所のお知らせ

木山悠弁護士が4月1日付けで当事務所に入所致しました。

ニコニコ動画のパネリストとして出演しました

村田弁護士が、2019年3月26日、ニコニコ動画の「特集:日本の性被害を考える『性的合意』とは何か?沈黙させられる日本の性被害者たち」にパネリストとして出演しました。

上杉崇子弁護士が東京弁護団共同代表を務める「結婚の自由をすべての人に」訴訟事件が…

上杉崇子弁護士が東京弁護団共同代表を務める「結婚の自由をすべての人に」訴訟事件が、本年2月14日、東京地方裁判所に提起されました。 提訴前日、朝日新聞で同訴訟が詳しく報道されました。 ①記事はこちらです ②記事はこちらで […]

岩田整弁護士が代理人を務める婚姻費用分担請求家事審判事件で…

岩田整弁護士が代理人を務める婚姻費用分担請求家事審判事件で、東京家裁が標準算定表の額を毎月10万円以上も上回る額の支払を命じる審判をしました。 本日、別居中の生活費である婚姻費用の分担を請求した事件(東京家庭裁判所家事第 […]

岩田整弁護士が佐渡島啓弁護士と共同で代理人を務めている過労死事件について…

岩田整弁護士が佐渡島啓弁護士と共同で代理人を務めている過労死事件について、埼玉新聞で報道されました。 ①記事はこちらです ②記事はこちらです

岩田整弁護士が、外部サイト『中央オンライン』に、エッセイを寄稿しました

「役人の仕事、弁護士の仕事」 記事はこちらです

岩田整弁護士が代理人を務めた養育費請求家事審判事件で、東京高裁が原審判を変更して、子の大学卒業までの養育費の支払いを命じる決定をしました

本日、養育費の家事審判の抗告審(東京高裁第21民事部)で、養育費支払いの終期を22歳に達した後の3月まで延長する旨の、逆転決定を得ましたので、ご報告いたします。 子の大学進学後に申し立てた養育費の増額請求(大学学納金の分 […]

近藤弁護士が企業で講演をしました

10月28日(土)、近藤弁護士が丸一共通運送株式会社で開催された研修会「企業におけるハラスメンとその対応」に講師として出席し、講演を行いました。

村田弁護士がキックオフイベントで解説しました

9月23日、一般社団法人Spring(代表:山本潤様)のキックオフイベントに、村田弁護士が登壇し、今回の刑法改正(性犯罪の罰則改正)で落ちてしまった重要な論点について解説しました。

安孫子弁護士がスピーカーとして講演しました

LAWASIA(ローエイシア)東京大会2017の「養育費の算定及び効果的回収に関する各国の制度と国際的事案への対応」のセッションで、安孫子弁護士がスピーカーとして、「JFC(Japanese Filipino Child […]

弁護士入所のお知らせ

村田智子弁護士と上杉崇子弁護士が12月26日付けで当事務所に入所致しました。

松浦基之弁護士、岩田整弁護士が代理人を務め、福島県郡山市長に対応を求める住民監査請求(地方自治法242条)を行いました

本日、郡山市民有志6名が、福島県郡山市監査委員に対し、県中都市開発事業徳定地区土地区画整理事業に関し、郡山市長に必要な対応を求める旨の住民監査請求を行いました。郡山市民有志6名は、著しく遅延してしまっている区画整理事業を […]

弁護士入所のお知らせ

佐々木学弁護士が11月1日付けで当事務所に入所致しました。

弁護士独立のお知らせ

井堀哲弁護士は9月30日付けで独立し、下記事務所を開設いたしました。 〈新事務所〉 〒182-0024 東京都調布市布田2-35-1 石原ビル2階 シャローム法律事務所 TEL 042-444-1916 FAX 042- […]

岩田整弁護士がアドバイザーを務める『パタハラ対策プロジェクト』が,読売新聞全国版で紹介されました

男性の育児を職場の上司・同僚らが妨げる「パタハラ(パタニティーハラスメント)」が問題となっています。 育児休業の取得,育児短時間勤務の取得は進んでいません。育児のために残業しないで帰宅することや有給休暇を取得することすら […]

松浦弁護士が分担執筆した『行政関係事件訴訟』(青林書院)が刊行されました

本年4月発行、日本弁護士連合会行政訴訟センター編集の『実例解説・行政関係事件訴訟』の中で、松浦弁護士は、事例報告の一つとして「事業計画・フ決定は抗告訴訟の対象たる行政処分ーー青写真判決の変更」との題で、代理人として担当し […]

「GID(性同一性障害者)法律上も父になりたい裁判」 最高裁での逆転勝利決定のご報告

生来的な体の性別と自認する性が一致しない「性同一性障害者」である前田良さん(通称名)が、父の欄が空白とされた長男の戸籍を訂正し、父の欄に妻の夫である自分の名前を記載するよう訂正の許可を申し立てた事件について、2013年1 […]

榎本信行弁護士が永眠致しました。

当事務所創立のメンバーであり、共同パートナーであった榎本信行弁護士が 10月29日に78歳で永眠いたしました。 生前のご厚誼に対し、厚く御礼申し上げます。 当事務所は、同弁護士の遺志を受け継ぎ弁護士の社会的使命である社会 […]